静岡県浜松市|ホリスティックアロマアカデミー by ミセスヒロコは、ヒーリングマインドを持つセラピスト、ヒーラーを育成、支援しています。

よくある質問Q&A 「ヒプノセラピーに関すること」

  • HOME »
  • よくある質問Q&A 「ヒプノセラピーに関すること」

よくある質問Q&A 「ヒプノセラピーに関すること」

本ページではヒプノセラピー(催眠療法)に関する質問と回答を掲載しています。その他にお問合せのある方はお申し込み・お問合せフォームよりご送信ください。「よくある質問Q&A」TOPへ戻る→

Q:催眠とは、どのような状態の事を言うのですか?

A:催眠とは、顕在意識(頭の中で理解出来ている部分)と潜在意識(意識の表面には現れていない部分)の間に存在している意識の膜を取り去ることで、顕在意識と潜在意識を自由に行き来できる変性意識の状態となるものです。

 

Q:催眠に入るというのは実際にはどのような感じになるのでしょうか?

A:催眠中の具体的な感覚として以下のようなものがあります。

  • 身体の筋肉が緩んでリラックスした状態となり、身体全体が椅子にゆったりと沈みこむ感じがします。
  • 気持ちも非常にゆったりとして楽になり、呼吸が深まります。
  • 意識は冴えており、聞こえてくる音や声、問いかけなどに集中出来る状態です。
  • 催眠中もセラピストの声は、はっきりと聞こえています。
  • ご自身も、ご自分が何を話しているか、しっかりと認識出来ています。
  • いったん催眠に入られると、長い時間であっても時間の感覚はとても短く(あるいは長く)感じることがあります。

 

Q:催眠の状態に入っても心配ないでしょうか?

A:催眠については、いくつかの誤解から心配をされる方もいらっしゃるようです。催眠療法はサイキック(超能力)やオカルトの類ではなく、古来からある自己暗示法です。現代では欧米の医師会、歯科医師会でも催眠の有用性が認められており、日本でも保健診療外ですが、催眠治療を行う医師もおります。催眠のよくある誤解として下記の事項があります。

  • 催眠中に言いたくないことを言わされる、やりたくない事をさせられる
    これは、よくテレビなどで芸人さんが実験台になっている「催眠術」「催眠エンターテイメント」から生まれた誤解です。催眠術と催眠療法とは全く異なるものです。

それ以外にも、催眠は以下のように誤解されることがあります。

  • 催眠中は眠ってしまう
  • 催眠中は失神、放心、自失状態となる
  • 催眠に入る時に驚かされる、何か特別な事(魔法や呪術)などを行う

こうした事は誤解であり、このような事はありません。

 

Q:催眠には実際にどんな感じで入りますか?何か道具を使いますか?

A:サロンでは「イメージの回路を開く」ことで催眠の状態に誘導いたします。リラックスするために精油を用いる場合があります。それ以外はセラピストの誘導の言葉だけで他の道具は使いません。イメージの回路を開くための具体的な方法としては、きれいなお花畑やお花の香りをイメージして、思い浮かべてもらいます。

目を閉じて高原のお花畑をイメージしてみてください‥どんな色のお花が咲いていますか?‥そこでお花を触ってみましょう‥花びらをじっと見て‥そして‥ほほにお花を触れてみましょう‥お花の香りを嗅いでみましょう‥どんな香りがしますか‥
そして‥ほら今度は空を見あげてください‥今日は青空ですか?‥そこに風は吹いていますか?‥鳥の声は聞こえますか?
‥ほら、川の水の音がどこからか聞こえてきますね‥さあ歩いてそこまで行ってみましょう

‥と、このような感じで行います。美しい自然の風景をイメージしながら、とても心地よく、リラックスしながら催眠の状態に入ることが出来ます。

 

Q:催眠療法でどんなことが出来るのですか?

A:催眠療法は幅広い可能性を持っています。主なものを挙げますと、

  • 幼少時代の心の癒し、感情の解放→ インナーチャイルド、年齢退行療法
  • 前世から受け継いだ思考や観念の癒し、解放→ 前世療法
  • 自分がこの世に生まれてきた意味を知る、自己探求→ 前世療法、胎児期退行療法
  • 禁煙やダイエットなど、生活習慣を変える→ 自己暗示療法、自己変革療法
  • ネガティブな思考パターンをポジティブに変える→ 自己暗示療法、自己変革療法
  • 亡くなった大切な人と対話を行い心を癒す→ グリーフセラピー
    などがあります。

潜在意識の世界に入ると、どの年代、どの時代、どの場所にも行くことが可能です。今は亡き方に会って話をしたり、聞きたかったことを聞くことも出来ます。インナーチャイルド(内なる子ども)を癒すことで現在大人となったご自分が深く癒され、現在の思考、行動パターンが変わることがあります。前世療法を行ってもそのような事が起こることがあります。

 

Q:グリーフセラピー(悲嘆療法)で亡くなった家族に会うことが出来ますか?

A:潜在意識のなかでお亡くなりになられたご家族に会うことが出来ます。人格交代という方法を用いて、伝えたかったことを伝えたり、お気持ちをお聞きすることも出来ます。その際にはご遺族の形見のお品(写真や腕時計など)をお持ちいただくと亡くなった方への想いが喚起されるため、催眠に入りやすくなることがあります。

 

Q:グリーフセラピーで死んでしまった動物に会うことは出来ますか?

A:潜在意識のなかで会うことが出来ます。抱きしめてあげることも出来ますし、人格交代という方法を用いて、亡くなった動物たちに今どんな場所にいるのか、どんな気持ちでいるのかを聞くこともできます。

 

Q:事前にどのヒプノセラピーにしたらよいか分からないので当日決めても大丈夫ですか?

A:当日の事前カウンセリングにて何がふさわしいか、ご相談者にとってやりやすそうか、ご希望をお聞きしてから行っていますので、遠慮なくご相談ください。ご相談はメールでも受け付けています。いったん催眠に入ると、どの時代にアクセスする事も可能なので、年齢退行→胎児期退行→ 中間生(転生と転生の間にあるとされる魂の休息場所)→前世→未来‥と自由自在に行き来する方もおります。また、その時にご自分の潜在意識が望む場面が浮かんでくるため、人によってはインナーチャイルドから始まって前世へ、そしてさらに未来(自己変革場面)へという事もあります。

 

Q:催眠中は実際どんな感じで見えるのでしょうか?誰でも見えますか?

A:潜在意識に入ってゆくと、例えば前世の風景が映像のように「見える感覚」の方もいますし、耳から「聞こえる感覚」の方もいます。その方のもともと得意な感覚である「視る」「聴く」「体感する」「触れる」「嗅ぐ」などの感覚によって受け取る感じ方はそれぞれ異なるようです。どの感覚でも受け取ったものをそのまま言葉にしてセラピストに伝えていただければ大丈夫です。

 

Q:前世療法で実際に自分が体験したものは本当にあったことなのでしょうか?

A:それについては100%の答えというものがありません。アメリカの精神科医で前世療法の第一人者であるブライアン=ワイス博士によれば、前世療法の8割は本当にあったことではないか、と述べられていますがあくまでもそれは仮定であり、現在の科学では証明することは不可能なのです。私の思いとしましては、その前世が本当かどうかよりも、その前世療法を行って前世体験をすることで、ご相談者が潜在意識のレベルで納得されたり、癒されたり、何かに気づけるといった事があっていただければ、とても幸いに思います。

 

Q:前世は必ず人間ですか?動物ということもあるのでしょうか?

A:必ずしも人間であることはないようです。人間のことが多いのですが、時に動物であったりすることもあれば、あるいは大いなる宇宙存在というケースもありますどのような存在であっても、その時に浮かんできたものは、その方にとって意味ある存在だと言えます。

 

Q:催眠はどんな人でも入れますか?

A:どなたでも催眠の状態に入ることが可能です。催眠というのは特別な事ではなく普段の日常のなかでもよく起こっているものです。

●夢中になって映画やドラマのスクリーンに見入っている時。
作られたものだと分かってはいても、いつしか主人公と同じような気持ちになっていることが あります。その状態も催眠(変性意識)状態です。
●車を運転していて、いつしか家の前につき「ああ、気づかなかったけれどもう家についていたんだ」と思うような時。
気づかない間に、無意識で行っていた(この場合には運転)時もまた、日常のなかでのごく軽い催眠の状態です。
●思いがけずとても驚いた時
驚きは混乱を生みます。混乱のなかで人は催眠の状態にたやすく入ることがあります。奇抜な衣装、ゼスチャー、大掛かりな仕掛け等は催眠に入らせるための最も分かりやすいものです。
●強い自己暗示
ジンクス、縁起担ぎなども日常的な一種の催眠、自己暗示です。「このお守りを持っているから絶対に大丈夫」その思いが潜在意識に届いて安心を生み、無事に過ごせることがあります。

 

Q:精神科に現在通っています。ヒプノセラピーは受けない方がよいでしょうか?

A:ヒプノセラピーに限らず、現在医療機関に通われている方は医療を優先なさってください。精神科、心療内科にご通院中、その他にもご病気で現在ご治療中の方は医療優先の考えにより、セラピーはお断りさせていただいております。症状が安定され、主治医の許可があった場合には、お受け出来ることがあります。

 

Q:ヒプノセラピーを学んでみたいです。ヒプノセラピストになることは出来ますか?

A:当アカデミーにはヒプノセラピスト養成コースがあります。ヒプノセラピーは詳細を学ぶことで潜在意識や集合意識の仕組みがよく分かります。レッスン時間のなかで魂の輪廻や中間生などの様々な時空間を旅することが出来ます。ヒプノセラピーの方法を学ぶことで自分自身の現在の生きづらさを解消し、自己探求が出来る大きなメリットがあります。ヒプノセラピーは可能性の非常に大きい世界です。ヒプノセラピーを体験し、魅力や可能性を感じられ、ヒプノセラピストを目指そうと思われるのでしたら、どなたもヒプノセラピストになることが出来ます。

 

メルマガご登録はミセス・ヒロコ・アロマショップの画面よりどうぞ!

PAGETOP
Copyright © ホリスティックアロマアカデミー All Rights Reserved.